対面型と通販型それぞれの特徴を知ろう!

対面型と通販型では保険料に違いがある?

以前は対面型の自動車保険が主流でしたが、現在は通販型の自動車保険もかなり普及してきています。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。通販型の保険料の特徴は、対面型より保険料が安い傾向にあることです。 なぜ安くなるのか、それは店舗を持っていない分店舗の維持費や光熱費などのコストが削減できるからなんです。削減できた分保険料を抑えることができ、中にはインターネット経由ならさらに割引を受けられることもあります。保険料を比較するには、希望のプランでシミュレーションしてみましょう。通販型対面型を問わず、現在ではほどんどの会社が公式サイト上で見積もりを出すことが可能となっていますので、いろいろなサイトを訪問し同じプランでシミュレーションをしてみると比較しやすくなりますよ。

手続き方法や事故対応の違いは?

通販型は電話かインターネット上で手続きを行いますが、対面型では実店舗に訪れ担当者から説明を受けて手続きを行います。 対面型であれば保険に関しての疑問や手続き上のトラブルなどを気軽に相談できますが、通販型では相談可能な専用窓口がないこともありますので、何かあってもすぐに対応してもらえるかわかりません。ただ通販型はサイト上の情報がとても充実していることが多いため、じっくりと読んでから決めることができます。インターネットなら24時間いつでも申し込みが可能なので、忙しい方でも申し込みができるのが魅力ですね。事故が起きた時の対応は拠点の多さがポイントとなりますが、通販型は外資系が多く対面型に比べると事故対応拠点が少ない傾向がみられます。 自動車保険は保険料の安さだけでなく、事故拠点対応などあらゆる情報を考慮して決定しましょう。

© Copyright Extensive Car Insurance. All Rights Reserved.