補償金額を決める時のポイント!

車両保険の上限を特約で

自動車保険を決めるポイントとなる補償内容については、あらかじめ理解をしておくことが重要です。それぞれの保険を合わせて自動車保険といっていますが、車両保険と人身傷害保険など、種類ごとに保証金額を設定する必要があります。
車両保険の保証金額は、高い金額であればあるほど高価格な車です。しかし、その分保険料金がアップしてしまう為、注意してください。なお、契約時に上限は保険会社側で決定していますが、車両保険の保証金額の上限を決める特約を設定することができるため、上限はなるべく高くあってほしい場合には特約をつけておきましょう。車両保険の保証金額が高ければ高いほど、修理の時に保険から出される金額が高くなるため、特約をつけるかどうかの判断は、慎重に行ってください。

補償を手厚くする部分と低くする部分

対人・対物賠償保険に関してはどの保険会社でも数千万円程度の補償と、無制限の補償とに分かれています。それほど頻繁に運転をしないという人であっても、必ず保障を無制限にしておいたほうがいいでしょう。どんなに運転を丁寧に行っていたとしても万が一の時が起こらないとは限りませんので、リスク回避のために無制限を選択しておくことが望ましいです。なお、数千万円の補償でも、無制限であっても支払う料金にそれほど大きな違いはありません。 自分で普段人身傷害保険を契約しているのであれば、自動車保険で人身傷害保険の補償を無制限にせず、最低限の補償にしておくことで保険料を抑えることもできるでしょう。契約している生命保険や傷害保険を確認し、自動車保険の特約と重なる場合には、契約内容の見直しをしてください。

© Copyright Extensive Car Insurance. All Rights Reserved.