自動車保険には20段階の等級がある!

等級制度についての紹介

等級制度は1から20等級に分類されます。初めて保険に加入する場合は6等級からスタートします。契約してから1年間に事故などをして保険金が支払われると等級がダウンするのです。事故の大きさによって等級のダウンする量は異なります。車同士の衝突やガードレールへの物損では3等級下がってしまいます。したがって、6等級で事故をすると5等級以下となり、事故の頻度や大きさによっては1等級になる可能性もあるのです。1年間事故がなければ、等級が1つ上がります。等級によって保険料金がことなり、等級の数字が上がるほどリーズナブルな価格となるのです。

等級に加えて、年齢や運転条件によっても保険料金は異なりますので見積もりをして確認することが重要です。

等級についての応用知識

等級は保険会社を変更しても引き継がれるので安心です。事故履歴や保険の契約履歴の情報は保険会社で共有されているため、保険会社を変更しても手続きは従来通りです。契約内容によっては事故を起こしても等級ダウンしないケースがあります、例えば、無保険車傷害特約やファミリーバイク特約などがあります。保険会社によって特約の内容が異なるため事前に確認しておくことがポイントです。

また、等級制度を持った保険に加入できるのは、バイクを含めて9台以下です。これをノンフリート契約とよびます。10台以上はフリート契約といって別の保険制度になります。さらに、等級ごとの割引率は社会情勢などによって変動します。所有している自動車の車種によっても異なります。

© Copyright Extensive Car Insurance. All Rights Reserved.